【王見台】第20回全国障がい者スポーツ大会予選へ参加しました

10月に行われる「全国障がい者スポーツ大会in茨城県」を目指して、
5月13日に新潟市ビッグスワンスタジアムで「スポーツ大会(陸上競技)」、
5月15日に新潟市陸上競技場で「フライングディスク大会」の新潟県予選が開催されました。
当施設からは13日に4名、15日に4名の選手が参加しました。
陸上競技ではスラロームとソフトボール投げに、フライングディスクでは
アキュラシーとディスタンスに、全国大会への出場権を目指して熱い戦いを繰り広げて
きました。
大会の2週間前からほぼ毎日練習を重ね、本番に備えました。
当日は、炎天下の中で精一杯戦う姿を見ることができました。
10月の全国大会へ出場できるよう、吉報を待ちたいと思います。




ワークセンター小千谷さくら 防災訓練を行いました

5月26日(日)開所日で防災について学びました。

15年前の災害を振り返りながら、防災チェック表を使い備蓄品の再確認をしました。

その後、包丁や火を使わずにビニール袋を食器代わりにした防災食を作りおいしくいただきました。利用者さんからとても好評で、今後も防災食を作ってみたいとの声がありましたので第2弾も計画中です。

きゅうりのサラダをそれぞれの味付けにして作りました。

 

5月30日(木)防災訓練を行いました。

作業時間中に火災が発生したという想定で、小千谷消防署立会いのもと訓練が行われました。

 

訓練終了後は、消防署職員の方から講評をいただき、消火器の取り扱いの説明と実施を行いました。利用者さんからは、初めてやってみたがよい経験になったとの声が聞かれました。